浮気っ娘。純情

好奇心旺盛が故に、多数に適当に湧いてしまう。ジャニーズ/ハロープロジェクト/プロ野球/英語

【英国人の特徴を知りたいあなたへ】多読記録② "How to be an Alien"

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

●タイトル:"How to be an Alien" (written by George Mikes)

●内容語数:7,845語(39ページ)

●難易度:PENGUIN READERS level3(英検準2級/TOEIC400点程度) *1

 

Penguin Readers: Level 3 HOW TO BE AN ALIEN (Penguin Readers (Graded Readers))

Penguin Readers: Level 3 HOW TO BE AN ALIEN (Penguin Readers (Graded Readers))

 

 ----------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

【動機】
あまり苦痛になって読むのは避けようと思ったので、前回読んだ"MICHAEL JACSON" と同じ難易度のものを選ぶことを基準としました。加えて、裏表紙にあったあらすじの第一文目です。

 This is the funniest book that you will read about English people!


"the funniest"ですよ!最上級ですよ!!売り出す側としては相当自信のある作品なんだろうと勝手に期待して、手に取りました。日本語の本を選ぶときでも裏面のあらすじを見て判断することは大いにあるので、参考にするのも手かと。

 

【概要】
タイトルの"How to be an Alien"は「英国人入門」という日本語に訳されます。そう、Alienというのはイギリス人のこと。日本人がエイリアンと聞くと宇宙人を思い浮かべがちです。が!英和辞典で調べると「外国人」「部外者」「異質な」などの意味が出てきます。イギリス人というのは、他のヨーロッパの人々とはちょっと変わった性格だとか……?
・"This(=weather) is the most important subject in the land."
  (天気とは、その土地での最も重要な話題だ)
・"In an English home, you get a cup of tea at five o'clock in the morning when you are still trying to sleep."
 (イギリスの家庭では、まだ寝ようとしている朝の5時に紅茶を手にする)

など、変わった習慣がたくさん。

日本でもかつて血液型の説明書、長子・中間子・末っ子の説明書のようなものが流行りましたが、そのイギリス人バージョンだと読んで良いかと思います。

O型自分の説明書

  

【感想】
君ら、ひねくれ者すぎるやろ……
It's too rude!!

英語の語彙自体はそれほど難しくないけども、英国人の行動があまりにも斜め上で「ん?本気でそんなこと言ってんの?」って感じで何度も読み直してしまいました。言葉は理解できるけど、モラル的には理解不可能で。

 

この本によく出てくるキーワードとして"rude"(無礼な)という言葉があります。これらの本の中にはたくさんの無礼な行動は出てきます。寝てる人に紅茶を持ってきたり、初対面の人にこちらから手を差し出し、相手が応じようとするとわざと手を引っ込めたり*2……。もちろんイラッとするけれど、クスッと笑ってしまう場面に何度も出くわします。 

 

私が好きだったのはChapter21 "How to Plan a Town"ですね。

 

  1, First of all, never build a straight street ... Make bends in the streets or make them S-shaped. The letters L,T, V, Y, W, and O also make good shapes for streets. 


街を作るときにシンプルな道は作らない。ちょっと迷路っぽい。絶対迷う。それが良いの!!わざと住みづらい街を作ったっていいじゃない!!本文の中でも"They think that this makes them strong."と言ってるように、心地の悪い街を克服していくことで自分が強くなれる気がするんですよ!苦手克服したら自分が成長したと思えるようなあの感じ!!ここは共感しました。

 

日本人としては共感部分と違和感の両面を感じるであろう、英国人入門。
相違点を見つけながら読むと面白いと思います。


麻衣流。(現在17,120語)