読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浮気っ娘。純情

好奇心旺盛が故に、多数に適当に湧いてしまう。ジャニーズ/ハロープロジェクト/プロ野球/英語

舞台『コインロッカーベイビーズ』と、音。

ジャニーズ

 昨日(6/29(水))、広島文化学園HBGホールで行われた舞台『コインロッカーベイビーズ』を観劇しました。広島で舞台をやってくださることが本当にありがたい!!個人的に東京や大阪まで足を運ぶのには根気とお金が必要なので、地方も回ってくださるのが嬉しいです。


今回舞台を見て感じたのは、音の美しさ。音にすごく凝ってる印象でした。


【※以下、演出のネタバレをします。話の展開のネタバレはほぼありませんが、「まだ観劇前だから一切のネタバレも見たくない」という方はお引き下がりください。】


"コインロッカーベイビー"とは、コインロッカーに捨てられてしまった赤ちゃんのこと。1970年前後に実際に社会現象にもなったものです。

【軽いあらすじ】
全国で68人の新生児がコインロッカーで見つかったものの大半は死んでから捨てられ、その他は発見後に引き取っている。生き残ったのはキク(演:河合郁人)とハシ(演:橋本良亮)の2人だけだったのです。普通なら死ぬ場面で生き残ったということは、彼ら2人にはとてつもないエネルギーが宿っていること*1。彼らは幼い時、エネルギーを制御・調節するために治療がなされました。その方法とは「もう一度母親の体内に戻すこと」。しかし、言うまでもなく物理的には難しいので、胎児が母親の体内で聞く母親の心臓音を聞かせることで、絶対的な平静と秩序を与えるということです。


この、胎児が安心する音っていうのが、舞台全体で大きな役割を果たしているように思いました。心臓音以外にもいくつか出てきました。


①胎内で感じる「ドクンッ、ドクンッ」
劇中で何度か流れます。一番ダイレクトな心臓音。


②ラジオのチューニングに似た「キュイーンキュイーン」
これも舞台中の効果音として何度か流れます。私はラジオのチューニングかなぁ~と思ったんですが、原作を読んでいるとこんなフレーズがありました

心臓音は、航空宇宙局が飛ばしている人工衛星が発する異性物交信音と非常に似ているというのです、偶然でしょうがね。


(講談社文庫『コインロッカーベイビーズ・上』(pp.16-17)(精神医の話より)

この交信音かなぁ、と思ったり。


③海の音
このストーリーの鍵を握るものの一つがです。海の場面や、登場人物が海について言及する場面が何度かありました。原作者の村上龍さんが意識的にというワードを混ぜたかどうかは分からないですが、私は観劇中、中学の修学旅行時にバスガイドさんから聞いた「人間と海の関係」を思い出しました。

海が陸へ波打つ回数は1分間に18回。人間の1分間の呼吸回数も18回。そして18を倍にする36は人間の平均体温。さらに倍にした72は人間の脈拍。さらにまた倍した144は人間の血圧。そしてまた倍の288は赤ちゃんが体内にいる日数。赤ちゃんが落ち着く、そしてキクやハシが落ち着く音の象徴が海であり、海と赤ちゃん(=ベイビーズ)は切っても切れない関係とも言えるでしょう。*2



他にももしかしたら心臓を象徴する音があったかもしれないですが、私が気になったのはこの3つです。(あと、記憶違いかもしれませんが、テレビの音もあったような……。有名な話だけど、赤ちゃんはテレビの砂嵐を聞くと泣き止む...ってやつとリンクするかも~って舞台中に思ったけどあまり自信ない。)
もし補足事項などあればコメ欄などでご指摘ください!!




また、凝ってるのは心臓音だけじゃありません。
扉を開ける場面では 扉自体はなくても演者の動きと効果音だけで表すなど、大道具を必要以上に使わないことで、舞台での音の可能性を最大限に広げています。
舞台の向こう側で演奏してる裏方さんが客席からでもチラッと見えてます、生演奏の音は迫力ある!
裏方だけじゃなくて、出演者のROLLYさんがエレキギターを持って登場するのもかっこいい!
演者の皆さん、歌声がとても美しい!聞いていて心地よかったです。Twitterでも呟いたのですが、この舞台のサウンドトラックが発売されたら絶対買います!!


今作の演出家である木村信司さんが、宝塚歌劇団所属の方だからこそ、こんなに音楽美しいのかな? 音楽担当の長谷川雅大さんとか??ホントに好きな音楽でした!見ないともったいない!
まだ今週末(7/2・3)はオリックス劇場で開演されるし、チケットは売り切れたようですが、見れる人は是非!あ~、広島なんて2階席がら空きだったのに。

f:id:mairu3su:20160701005931j:plain

まだ原作本を途中までしか読んでないですが、もし追記事項があればまた記事でUPします。


麻衣流。

*1:舞台中ではそれほど触れられていませんが、原作本では幼少期に自閉症に似た症状が出て、エネルギーが自分でコントロールできず、2人の面倒を見ている乳児院のシスター達はとても手に負えない状況でした。

*2:また、羊水は原始地球の海水とほぼ同じ成分とも言われてます。母親の体内=海とも言えそう